リハビリ情報イメージ

リハビリテーション施述 受付時間

診療時間

理学療法室

▲理学療法室

個別機能訓練室

▲個別機能訓練室

急性期から慢性期に対応する包括的なリハビリテーションを提供し、地域の人々の自立とQOL(生活の質)の向上や動作能力の回復や残った機能を最大限に発揮する支援を行います。
身体機能や動作だけでなく、高次脳機能や言語障害にも対応できるよう言語聴覚室や作業療法スペースを完備し、患者さま一人ひとりに合った個別プログラムに沿って、「集中的リハビリ」「経過観察」「定期診察」を実施し、段階的に機能回復や社会復帰を目指します。
また、介護保険における通所リハビリテーション、訪問リハビリテーションを実施しています。
また、待ち時間を短縮するために予約リハビリも可能です。

リハビリセンター外観
リハビリセンター受付
初動負荷カムマシン

▲初動負荷カムマシン
  初動負荷トレーニング®

#

▲キネシス

有酸素運動機器

▲有酸素運動(テクノジム)

#

▲ニューステップ

#

▲レッドコード

#

▲作業療法器具

▲言語療法室1(防音室)

最新リハビリ機器導入

理学療法

身体に障害のある人に対し、基本的動作の回復や維持、および障害の悪化の予防のために、関節の運動、筋力トレーニング、歩行訓練などを行う運動療法、日常生活動作、温熱や電気などの機器を使用した物理療法などを行います。

作業療法

身体に障害のある人に対し、自立した生活を行えるように、身辺動作方法の訓練や、在宅生活・社会復帰のための訓練や支援を行います。

言語聴覚療法

「話す」「聞く」「読む」「書く」などのコミュニケーションの障害、言語を適切に使うために必要な判断力や施行能力などに問題がある場合に行われる療法です。また飲食(摂食嚥下)に障害のある人々に対し、摂食嚥下機能の回復、維持を目的とした訓練を行います。

リハビリセンター外観

▲車椅子・高齢者配慮キッチン

リハビリセンター受付

▲言語療法室2(防音室)

高次脳機能障害に対する支援

高次脳機能障害とは、頭部外傷、脳血管障害等による脳の後遺症です。記憶障害、注意障害、遂行機能障害、社会的行動障害等の認知機能障害で、日常生活・社会生活への適応が困難となる障害のことです。
高次脳機能障害に関する医療・福祉サービスの利用、療養や就学、就労などの各種相談に対応します。

通所リハビリテーション

介護保険法に基づき、要介護者・要支援者となった方に対し、心身の状態の回復、悪化の予防を図り、日常生活の自立を助けるため、個々に応じた適切な介護・リハビリテーション計画を立てます。その計画をもとに、リハビリテーション(理学療法・作業療法・言語聴覚療法)、生活介護、ご自宅から事業所までの送迎などを行います。

装具について

治療効果の高い装具は、医師の指導のもと、義肢装具士が各個人に合わせて作る完全なオーダーメイドです。

医療法人孝友会 愛知県一宮市北小渕字道上55番地1 電話 0586-75-5525